シニアの責任―若者の未来のために

アクセスカウンタ

zoom RSS 日大の非常識? 学長の非常識? 学生より我が身と組織?

<<   作成日時 : 2018/06/06 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

好きなアメフットを続けられない! 生徒は謝罪! 

しかし、(多くの証拠や証言にも関わらず)監督・コーチは自己責任を認めず、責任は生徒にありと主張!

加えて、「生徒を守らず、経営者を守る日大!?」との批判や広報対応の遅れへの批判から、そのために記者会見を行ったと思ったら、

「上司(常務理事)の不祥事に、部下(単なる理事)がでてきて弁明!?」のような不思議?


世間では、「(仮に)係長が不祥事を起こせば、弁明する責任者は部下職員ではなく、上司の課長か更に上の責任者」というのは常識ですが、日大では違う? 

日大事業部梶℃幕ニ会社では世間常識が必要な組織と思われますが、そこでは今回問題のアメフット監督兼常務理事が今後も役員継続でOK?


しかも、今般の学長の発言には、「なぜ、ここまで非難されるの?」、「(学生と常務理事の言うことのどちらが正しいか)真実は未だ未解明」、「(自分たちの選んだ)第3者委員会が(正しい)結論を出すまで時間を下さい」と言うようなニュアンス!

「監督・コーチに言及なし、一方「選手たちは反省」 日大・大塚学長コメントは何か変だ」(J−CASTニュース)
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0530/jc_180530_8454090745.html


学生のためと言いつつ、「学生利益より、どこか内輪の関係者、上司の擁護」のような対応!

加えて、上司の常務理事の不祥事に、その部下の理事(学長)がでてきて弁明?

このような非常識!な対応を常識とする学生は、就職面接では落第するはずです。

「責任者と話がしたい」という要望に、何の権限もない部下がでていったら! 問題はこじれ、企業の信用失墜は必定です。

就職k面接で、組織の上下関係や顧客の気持ちを理解できないような学生は、即、[非常識はお断り」となるのはないでしょうか。

学長がこれでは、学生が可哀そうです。日本最大規模の多くの現役学生・生徒、多くのOBにとって、現状の学校対応は、つらく悲しく、早く再出発してほしいと大多数が願っていることかと思います。


学長は、記者会見では、理事会の代弁者であるような、そうでないような・・・。

純粋に教育の最高責任者として見解を述べるのならば、それなりに、話題の「学生と監督・コーチの話が違っている喫緊の課題や、その他チームメイトの証言などの調査結果」等に言及すべきだったかと思いますが、それらは無く、理事の立場と学長の立場がごごちゃまぜ! 

学生ファースト、学生に同情と言いつつ、都合のいいように「立場を使い分け」ている?

学長の弁明会見には、世間とのずれを大きく感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日大の非常識? 学長の非常識? 学生より我が身と組織? シニアの責任―若者の未来のために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる