シニアの責任―若者の未来のために

アクセスカウンタ

zoom RSS シニアの責任 日本の未来のために「加計学園に注目!」

<<   作成日時 : 2017/06/04 09:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

加計学園の問題、歴史的な岩盤規制緩和の良い先例になるはずだったのに…。

規制緩和の点で、安部総理の指導力、リーダーシップは素晴らしく、これからも大いに期待したい気持ちがありますが、それと、行政リーダーの説明責任は論点が違います。説明は、正々堂々として、今後も頑張って欲しいと思います。

岩盤規制の突破は、かつては総理の力でも動かず…。その点で、安部総理のリーダーシップ、功績は、オリンピック誘致同様に素晴らしいと感じています。

⇒加計問題「前川発言」は規制緩和に抵抗して負けた文科省の遠吠えだhttp://diamond.jp/articles/-/130140?page=4

森友学園問題では、「行政の説明責任」、「近畿財務局長の国会での応答」は、多くの国民が「おかしい、まじめに説明責任を果たしていない」と感じています。それなのに、それを無視して…。

とりまきの戦略、戦術の選択の誤り? 国民はいつまでも「目くらまし」や「論点そらし」に乗らされるほど、愚かではありません。

昔の戦略にいつまでも頼るのでなく、しっかりと「国有財産」の「国民のための使用」、「不公正のない処分」を、わかりやすく説明して欲しいと思います。

これで総理の言う「子供教育」、「修身にあった素晴らしい道徳教育」を本当に子供に教えられるのでしょうか?

子供でも分かる「官僚の不誠実答弁」、「まじめに説明責任を果たさないたさない国権の最高機関である国会での政府答弁!」

日本のリーダーである国会議員には、子供たちの見本となるような行動、真摯な国会で道徳の模範、日本の素晴らしさを示して欲しいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シニアの責任 日本の未来のために「加計学園に注目!」 シニアの責任―若者の未来のために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる