シニアの責任―若者の未来のために

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥越さんとシニアの責任・・・感動の都知事候補

<<   作成日時 : 2016/07/13 13:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

鳥越さんの昨日の記者会見。たまたま、2局で実況中継していましたが、大変、感動しました。

ガン以後の活躍は余り知りませんでしたが、これまでのキャリア、活動等から、また、当日の会見で見えた血色の良さ、元気さ、そして人の良さ、正直さが伝わってくる会見には、大きな好感を持ちました。

舛添前知事問題をうやむやにし無て欲しくないと言う多くの都民、国民の期待と言う観点からは、本当に素晴らしい候補が出てきたと久々に、すっきりした気分です。

仕事の素人さを云々する向きも多いようですが、それは今までの全国の知事、市長などで重要な視点だったでしょうか? 個人的に、それを売りにする候補がいても、それは、一つの視点で、最後は、多くの視点を総合して、選挙民が選びます。

知事や市長など全てに言えることで大切なのは、政治リーダーシップ、そして、都民や県民、市民の目線に立った貢献意識、モラル、方向性だと思います。

石原知事の時代、都民は、そして支持した政党は、実務能力を求めたでしょうか? 舛添前知事はどうだったでしょうか? 問題は、モラル、責任感、謙虚さが欠けてはいけないということかと思います。

アメリカでも、レーガン大統領が有能だったのは、自分に足りないところを他に求める素直さ、謙虚さであったと言われます。

大切なのは、本人の資質、モラル感覚、リーダーシップと熱意、そして人生経験やキャリアに裏打ちされたバランス感覚です。

いかに都庁で働く官僚を、都民の視線から、叱咤激励し、良い仕事をさせるか、それが重要です。その時、未来を見通す予見性、責任感、モラル、社会や未来への貢献意識等は大変、重要です。

会社でも役所でも、自分の上司やトップが不道徳で信頼できないとしたら・・・。本当に悲しいことです。仕事上の多少の不器用さは、部下が喜んでフォロー、サポートできますが、モラルの無い不誠実で信用できないを上司を持ったら悲惨です。知事には、舛添さんの正反対が不可欠です。

まさに、最近の舛添前知事や、「臭いものには蓋」感覚の一部都議、公費での出張を「特権や役得」と勘違いしているような議員が少なくない現状を見ると、今般の鳥越さんには、その正反対の爽やかな印象です。

鳥越さんの立候補、まさに、シニアの社会貢献の時代の大きなシンボルとして、声を大にして応援したいですね。

日本の未来のために、子供や孫たちに「道徳や倫理の大切さ」を教える教育の視点からも、是非、シニア世代は、都知事選を真剣に考えましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥越さんとシニアの責任・・・感動の都知事候補 シニアの責任―若者の未来のために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる