シニアの責任―若者の未来のために

アクセスカウンタ

zoom RSS 拝啓 舛添都知事様 政治学者は学校で何を学び、何を教えてきたのですか?

<<   作成日時 : 2016/06/16 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

政治で一番大切な有権者の気持ちや感情を無視し続けた、あるいは空気が読めなかった都知事。日本の高名な政治学者と言われ、大臣まで経験した方だけに、これまで信じてきた多くの方、大学の受講生、都庁の職員、それに都民の大きな悲しみと怒りは、どれほどだったでしょうか?

都民でない私も、あきれ果てましたが、これが、高名な政治学者、リーダーのすることだったのでしょうか? 果たして舛添都知事は、これまで学校の政治学では何を学び、学生には何を教えてきたのでしょうか?

今回の件で、政治学や政治学者が、今後、色目で見られるとなると、本当に罪は大きいと思います。

舛添さんは、果たして今後、政治学者の称号を名乗ることは許されるでしょうか? あるいは、舛添さんの話を、今後、真面目に聞こうとする人は、どれほどいるでしょうか?

都政の停滞や民意・職員の反発や悲しみをものともせず、自らの論理だけの自己中心的とも言える鉄面皮をなんら恥じることなく長期間、正々堂々と演じきられた都知事なら、反面教師くらいは許されるでしょうか?

いずれにしても、日本の政治リーダーには、「ノブレス・オブリージュ」、指導者や地位に付随するふさわしい責任をしっかり認識し、日本伝統の恥の精神を失わないで欲しいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
拝啓 舛添都知事様 政治学者は学校で何を学び、何を教えてきたのですか? シニアの責任―若者の未来のために/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる